ウェルネススポーツホーム> パーソナルトレーナー育成

パーソナルトレーナー育成

パーソナルトレーナーに必要なもの

パーソナルトレーナーは、幅広い年代・ジャンルの方に対応できなければなりません。そのためには、常に勉強し続けることが非常に重要なのです。

例えば、今「メタボリックシンドローム」という言葉を知らないトレーナーがいたとして、お客様はそんなトレーナーを信頼してくれるでしょうか?

世の中の変動とともに、対象となるお客様は変化します。
そのためにも 「常に勉強し、成長し続ける」。Wellness sportsではこうした姿勢がパーソナルトレーナーにとって非常に重要なものであると考えています。

パーソナルトレーナーに必要なもの

Wellness sportsの行う養成講座

Wellness×NESTA

Wellness sportsでは、素晴らしいパーソナルトレーナーになるために、

●様々なフィットネスに関する知識・指導スキル
●人のライフスタイルに関する知識
●クライアントの行動を変えるためのコーチングスキル
●人から信頼を得るためのコミュニケーションスキル
●パーソナルトレーナーというビジネスで生きていくためのビジネススキル

こういった様々なカリキュラムを勉強していただきます。

また、「NESTA(全米エクササイズ&スポーツトレーナーズ協会)」の認定する「NESTA-PFT」という資格を取得していただき、パーソナルトレーナーとして広く世間に認められる人材を育成していきます。

*セミナー情報は随時インフォメーションページにUPしていきます。
*09年より、約80時間の養成コースを開始いたします。

インフォメーションページはコチラ

パーソナルトレーナーにおける「資格」の位置づけ

「パーソナルトレーナー」という職業には、様々な資格が存在しています。

様々なフィットネスクラブでも、パーソナルトレーナーとして活動するにあたってはキチンとした資格認定団体が発行する資格を有することが必要不可欠となっており、Wellness sportsで活動していただく際にも、弊社の認める外部団体の資格を有することを条件としております。
これは、お客様に提供するトレーニングの品質管理や安全管理の上で非常に重要なことです。

いくら車の運転がうまくても、運転免許証を持っていない人がプロとしてタクシーの運転手はできません。
どんなに実力のあるサッカー選手も、正式な監督のライセンスがなければ監督になることはできません。
それと同じことです。

弊社の養成では、資格をお持ちでない方のためには、代表の齊藤が理事を務めている「NESTA(全米エクササイズ&スポーツトレーナーズ協会)」の資格を取得するためのカリキュラムを組み込んでおります。

認定団体の資格取得は、広く世間に自分が一定のレベルを持つトレーナーであることを示す証です。

時々、費用がかかったり、勉強の期間が長いということで資格取得を躊躇している人もいますが、それは大きな間違いです。

パーソナルトレーナーは人の体に携わる非常に責任のある仕事です。

クライアントの方から信頼をしてもらい、投資をしてもらうためにも、まずは自分自身に投資し、しっかりと勉強するという気持ちを持ってください。

養成1

養成2

養成3

お問い合わせ
セミナーに関しては、インフォメーションページからご連絡ください。
Wellness sportsインフォメーションページ
TEL:03-6914-3471
E-Mail:info@wellness-sports.jp